【雅】麻友ちゃんの苗族の風土にいついて

【雅】麻友ちゃんの苗族の風土にいついて

最近私のふるさと、少数民族の風土を撮影したビデオを見ました。仕事のため南京にいる私ですが、残念ではありますが、少し誇りにも思っている今頃です。

0309_18
毎年、稲が熟している季節は、外で仕事が忙しく、家に帰るのは苗族の女の子がしなければならないことです。

0309_12

一年の豊作を意味しています。古い時期に伝わってきて、一年の豊作を祝っていた伝統的な儀式であり、来年にはもっと良いことに出会うことを表しています。

0309_5

一緒に手で切り取って、来年でもっと良い収穫があると思います。

0309_16

苗家の人は一貫して客が好きだから,来客はいつも酒と肉で応対しなければならない。

0309_14

もち米を刈り取った後にもち米にして甘酸っぱい肉を漬けたり、もち米酒にしたりするのは、家々の苗家の娘に必要な生活技術で、家族や友人が訪れたときにご招待します!

0309_6

しかし、降り続く雨は稲の収穫を遅らせるので、重陽節の後に作られたもち米酒は貯蔵しにくくなるので、安神助が眠る黄酒を作って洞窟に隠しておいて、長く保管するほど、香気が強くなるのではないでしょうか。

0309_12

酒の曲を作ってから最後に黄酒を作るまで、すべて苗妹が一手に完成しました。

0309_17

 

雅南京日記

その他の新着情報

More